TOP > 遊び学ぶ > 交通安全教室

 

交通安全教室

4月は季節も良く、お散歩に出かけることが多い月です。

その前に、年に一度の交通教室でお勉強をします。

今年も交通安全のプロ・お巡りさんと指導担当の職員さんが来てくれました。

子どもに伝えなければならない交通ルールは、大人にとっても大切です。

自分の事を日々をふり返り見本となれるように、子どもに正しいことを教えて社会のルールを学んでもらう機会となります。

 

ではお巡りさんから問題です!

「白線や歩道のない道路では、私達は右側と左側のどちらを歩いたら良いのでしょうか?」

答えてくれたのは5歳児さんと4歳児さん。2人は右側と左側、「どちらも壁沿いに歩く」と答えました。皆の前でちゃんと自分の考えを言うことが出来るって素晴らしいです。

CIMG5530

 

お巡りさんの回答は「白線や歩道がない道路では右側を歩く」ことでした。

車を運転する人がすぐに歩行者に気づくように、そして歩行者が自ら気をつけることが出来るようにということです。

CIMG5531

一つ賢くなった子どもたちです。

 

次の問題です!

「信号機の色は左から何色?」

子どもたちの観察力はバッチリ!見事当てることが出来ました。

CIMG5532 CIMG5534

 

最後にすこし難しい質問です。

「歩行者信号が信号機の黄色(赤になりますよ。止まりましょう。)を表すとき、歩いている人が描いてある青の信号はどんな風になるんだったかな?」

ちょっと悩んでいると・・・

「チカチカと点滅しているこの信号機を見たことがあるかな?うん、それがそうだね!!」

と優しく教えてくれました。

CIMG5535 CIMG5536

 

他にもこの「止まれ」道路標識を見たら一度止まって気をつけようと教えてもらいました。

CIMG5537

 

お話だけでは子どもたちが想像していることと、お巡りさんが伝えたいことが同じではないかもしれないので、「家族のお引っ越し」をテーマにした、初めて道路を渡る家族が失敗を重ねながら交通ルールを学んでいくアニメを見せてもらえました。

CIMG5539 CIMG5541 CIMG5542

とってもわかりやすかったですね!

 

ではそれを学んだところで実践しましょう。見て、やって覚えて、身につける!

手を上げて 右を見て 左を見て もう一度右を見てから渡りましょう。

CIMG5543 CIMG5544 CIMG5545 CIMG5546 CIMG5547

このような子どもたちの姿を見かけたら、運転している大人も同じ歩行者の大人もあたたかい目で、子どもたちが無事に渡り終えるまで見守っていきましょう。

 
  • 入園のご案内
  • 今月の主な行事
  • 子どもたちの様子
  • 今月の献立
  • さくらんぼカレンダー