TOP > 遊び学ぶ > 9月10月の様子

 

9月10月の様子

春と夏を越えて秋。

子どもを見ていて

あれ?!

いつの間にそんなことが出来るようになったの?

そんなおしゃべりが出来るようになったの?

急に背が伸びたんじゃないの?

などなど、子どもたちの成長がめまぐるしく進んでいます。

 

さて今回は外部からのお客様を迎えた時のみんなの様子をお伝えします。

 

9月は毎年恒例の甘酒作りです。ここ箱崎では放生会期間中に家庭で作られた甘酒を訪問客に振る舞う慣習があります。

甘酒は餅米と麹だけで作ることのできる素晴らしい栄養たっぷりの飲み物です。

いつも地元にお住まいのIさんにお願いしています。

 CIMG4878 CIMG4884

CIMG4882 CIMG4887

作って食べる楽しみと同時に地域の慣習を知り、お客様を受けいれる時の振る舞いなどを大人同士の姿を見て知る大切さも含んでいます。

今年も甘酒を飲む子どもたちの感想は

「すごいあまい~!」「ショウガがにがい~」「え?!おいしいやん」

「おかわり!」「僕はなめるだけでいい」「なんか変な匂いがする」

などなど、気に入る子もいればそうでない子もいて、クルクルとかわる表情に保育者も子どもたちの驚きや発見に心が動いていることがわかって嬉しく感じます。

10月はミニチャイルドファイヤースクールがありました。

特に男の子が憧れる消防士さんと消防車に会える、ワクワクな行事です。

対して保育者は一緒に訓練するということで緊張する行事です。

保育者は消火器を使って消火に備えた動きを学びます。

 CIMG4897 CIMG4901

子どもたちは消防士さんから火災が起こったときに大切な「おはしも」を学びます。

(「おさない」「はしらない」「しゃべらない」「もどらない」)

CIMG4898

また懸垂降下を見て「すごい!!」「わ~~~!!!」と歓声が上がります。

 CIMG4923 CIMG4926

さらに消防士さんの早き替え(なんと30秒で着終えてしまいます!)を応援するために数字を30まで数えます。

CIMG4905 CIMG4907CIMG4912

もし30秒を過ぎた場合は、腕立て伏せを何十回もされるそうで、それまでしてくださいました。

服の中は火を通さない仕組みのために汗も水のように溜まってしまうのだそうです。消防士さんの体力は本当にすごいです。

 CIMG4915

そして消防士さんと記念撮影!両手に抱えて貰ってびっくりするやら嬉しいやらの子どもたちです。

CIMG4931

それだけでは終わりません。

犬のショウちゃんと猫のキュウちゃんが登場!

今回は火災が起きたときの話の他に「地震」が起きたときにどのように身を守ったら良いかまで教えて頂きました。必殺「だんご虫のポーズ」

上からの落下物から頭を守るためにあります。

火災の時に限らず地震の時も出来る対処を身につけておきたいものです。

CIMG4946  CIMG4948

そして保育者はまた真剣な時間です。AEDの使い方や、心肺蘇生法について学びます。

救急隊員さんと直接話が出来ることで、細かな鬼門が解決できていきます。

CIMG4935

火災が起こらない 地震が起こらない

願っていることですが、いつ起こるか分からない。

備えを万全にしていく取り組みは本当に大事です。

気を引き締めていこう!と思う10月でした。

 
  • 入園のご案内
  • 今月の主な行事
  • 子どもたちの様子
  • 今月の献立
  • さくらんぼカレンダー