TOP > 食べる

 

食べること

食べることによって、食に係わる全てに感謝の心を持ち、丈夫な体が育ちます。

「食」は「人」と「良」の漢字を組み合わせています。
その字の通り、「食」は「人」を「良く」します。
食が豊かだと、心も豊か、身体も強くなります。
そして、一緒に食べる人の間に笑顔が広がります。
成長・発達を保障し、人間(生産者、親子、調理者、保育者など食に係わる全て)関係を含めた生活の質の向上に務めます。

まずは「早寝・早起き・朝ご飯・朝うんち」
一日の始まりから体のリズムを整えていきましょう。

 
 

給食の先生から

二月です。
この月は一年で一番寒さが厳しい時になります。
体調を崩さないように温かくして過ごしましょう。
そして二月三日は「節分」
節を分ける…つまり季節の分かれ目のことです。
冬が終わり、春が始まります。昔、春は一年の始まりとされていました。
無事に一年を過ごせるよう願いを込めて、災害や病などの災いの象徴である鬼を、豆をまいて追い払います。
保育園ではその豆作りに子どもたちは夢中です。
昔は豆といえば「大豆」を巻いていました。
ですが、アレルギーを持っている子は直接触ることも避けるべきと考えています。
そこで松翠保育園で、現代の「豆」といえば、「新聞紙」。
新聞紙をちぎって丸めて、色々な大きさの豆を作ります。
なぜ「大豆」が「新聞紙の豆」になったのか。
元々の「大豆」が鬼を遠ざける理由は何か。
節分の本来の意味と実際がどう変わったかを大切に伝えていきたいと思います。
ご家庭でも家のどこかに潜んでいる、または自分の中にいる鬼をやっつけるために豆まきをしてください。
大きな声で
「おには~~そとっ!! ふくは~~~うちっ!!」
投げる度に心が晴れ晴れとなりますよ。


みんなが健康で明るく礼儀正しい思いやりのある子に育ちますように

 
 

今月の献立

おにはそと♪ ふくはうち♪ ぱらっぱらっぱらっぱらっ まめのおと おには こっそり にげていく♪
二月のメニューには鬼さんライスが登場します!
毎年子どもたちに大人気です。
泣き虫鬼、怒りんぼ鬼、怠け鬼などなど自分がやっつけたい鬼を追い払いましょう。

■朝のおやつ
・牛乳/いちご、みかん、りんご、せんべい、バナナ、いちごなどからの一品

■給食のごはん・お汁(3歳未満児対象)
・玄米ご飯、食パン、ロールパンなど から一品
・みそ汁、すまし汁、野菜スープなど から一品


■給食のおかず(全児対象)
・シーフードスパゲティー
・鬼さんライス こん棒つくね レタス けんちん汁
・魚の胡麻味噌焼き サラダ菜 五目きんぴら
・鶏肉の甘辛煮 厚揚げと里芋のみそ汁 
・鮭と青菜のオイスター炒め 中華スープ
・ロールパン 野菜スープ 豆腐とチーズの卵焼き ブロッコリー ひじきのマリネ
・肉うどん ヨーグルト
・大豆と豚肉の黒酢煮 中華コーンスープ
・ブイヤベース ほうれん草と卵のベーコンソテー 
・カジキマグロの変わり揚げ サラダ菜 小松菜とひじきの和え物
・ピザトースト ハワイアンサラダ チキンスープ りんごゼリー
・焼きそば バナナ
・ハンバーグ ブロッコリー きのこと豆乳のコーンスープ 

                           などなど
            

■昼のおやつ
・いちご せんべい 
・米粉のきな粉クッキー
・チーズおかかおにぎり
・ココアゼリー バナナ
・チーズケーキ
・ぽんかん かりんとう
・おいもパン
・フルーツサンド
・豆腐ドーナッツ
・ほしいも チーズ
・プリンアラモード
                   などなど

※3歳未満児は主食があります。3歳以上児は主食が必要です。
※アレルギーあるお子さまにはアレルギー除去食を作ります。

 
 

手作りおやつ・おかず

  • IMG_6857
    まんまるお月様
  • CIMG5574
    鯉のぼりライスの出番です
  • CIMG5464
    ひしもち3色ゼリー
  • CIMG5336
    鬼さんライス