TOP > 食べる

 

食べること

食べることによって、食に係わる全てに感謝の心を持ち、丈夫な体が育ちます。

「食」は「人」と「良」の漢字を組み合わせています。
その字の通り、「食」は「人」を「良く」します。
食が豊かだと、心も豊か、身体も強くなります。
そして、一緒に食べる人の間に笑顔が広がります。
成長・発達を保障し、人間(生産者、親子、調理者、保育者など食に係わる全て)関係を含めた生活の質の向上に務めます。

まずは「早寝・早起き・朝ご飯・朝うんち」
一日の始まりから体のリズムを整えていきましょう。

 
 

給食の先生から

 ご入園・ご進級おめでとうございます。松翠保育園では、子どもたちが楽しく食べて心も体も成長していけるような食事を目指して、こんなことにこだわっています。
 ○ひとりひとりの成長に合わせます。
 日々成長していく子どもたちはその成長の仕方もそれぞれで、ひとりひとりが違います。赤ちゃんから小学校入学までの子どもたちの「今」に合った食事を提供したいと考えています。
 例えば、お腹に優しいように。よく噛んで食べられるように。『スプーンにのせやすいように。お箸でつかみやすいように。または食べるのにちょっと工夫がいるようにこれは何だろう?と興味がわくように。美味しそう!とわくわくをかんじられるように。
 そのつど、保育士さんと相談しながら、よりよい食事となるように心がけています。
 ○安心できる食材を使っています。
使用する食材は、野菜、果物、お豆腐、お肉にお魚、パンやお米などは地域のお店から。その時々で良いものをもってきてもらっています。乾物や調味料なども、できるかぎり国産で質の良いものを選んで使用しています。
 ○旬を知らせます。
 旬のものを食べた経験があると、大人になってもその時期になると食べたくなるものです。旬のものはその季節に人が必要としている栄養素がたくさん詰まっています。旬のものを食べ、健康になり、食べ物に感謝し自然や人に感謝する。そんな心が育つ種となれば良いな、と願っています。
 ○薄味で素材の味を知らせます。
 煮干しや昆布、カツオや鶏などの天然出汁を使い、素材の味と出汁の旨味を活かして薄味に仕上げています。薄味は味覚を育て、素材の味を知ることが出来ます。
 大きくなって、子どもたちが自分で食べるものを選ぶ時に、健康に良いものを手に取れるようにです。



 コロナウィルスが早く終息して子どもたちが元気にすごせますように


 みんなが健康で明るく礼儀正しい思いやりのある子に育ちますように

 
 

今月の献立

 ご入園・ご進級おめでとうございます。新しい生活にドキドキわくわくの毎日が始まりますね。元気に楽しくすごすために、早寝早起き朝ごはんで生活リズムを整えていきましょう!

■朝のおやつ
・牛乳、豆乳、お茶/せんべい、バナナ、いちご、りんご、オレンジ、チーズなどからの一品

■給食のごはん
・胚芽米、ロールパンなどから一品

■お汁(3歳未満児対象)
・みそ汁

■給食のおかず(全児対象)
・今月のカレー(ポークカレー) 春キャベツの和え物
・麻婆豆腐 チンゲン菜のスープ
・焼きうどん 飲むヨーグルト
・鶏のから揚げ レタス 切り干し大根のみそ汁
・肉じゃが キャベツのみそ汁
・魚の香味焼き ブロッコリー ほうれん草と卵の炒め物
・鶏のマリネ焼き レタス 花麩の若竹汁
・牛肉とフライドポテトのソテー トマト 小松菜と豆腐のすまし汁
・スパゲティーナポリタン りんご
・ハンバーグ スナップエンドウ 野菜スープ
・魚の揚げ煮 サラダ菜 かきたま汁
・鶏のパン粉焼き ソテー キャベツとコーンの豆乳スープ
・焼きうどん のむヨーグルト
・チキンライス 鶏のから揚げ マセドアンサラダ サラダ菜 オレンジ
 コンソメスープ
・牛肉とごぼうのみそマヨ炒め トマト 小松菜と豆腐のすまし汁

■午後のおやつ
・スキムミルク 甘茶 牛乳 お茶 豆乳 から一品

・カトルカール
・かぼちゃ羹 せんべい
・ばなな クッキー
・おからマフィン
・ジャムサンド
・わかめとじゃこのかりんとう
・フルーツゼリー クッキー
・筍のおにぎり 昆布の煮物
・ぶどうパン
・フルーツヨーグルト
・バナナケーキ
・りんごとさつまいもの甘煮
・いちご ビスケット
・りんごゼリー クラッカー
・いちごのデコレーションフレンチトースト
・マカロニのきな粉和え

 
 

手作りおやつ・おかず

  • IMG_1439
    おにはそと~ ふくはうち~
  • IMG_1406
    1月7日は・・・七草がゆ
  • IMG_1358
    冬至です
  • IMG_1269
    つきぐみ 秋のクッキング